コピックでふんわり少女漫画風に塗ってみた【CCさくら編】

イラスト/2016/05/07
title20160507

コピックで塗るとき、いつもは極力にじみにくい紙を使ってはっきりきっぱり塗っていましたが、今回は

【にじみを活かして】【少女漫画風に】【ふんわりやさしく】を目指した塗り方を試してみたいと思います!
 

自分では初の試みなのでドキドキです。

 

1,下描き

01

まずは下描き。
スケッチブックの紙にシャーペン(0.5/B)でざかざか描きます。
紙に裏表があることを忘れて選ぶこともなくザラザラした面に描いてしまいました。まぁいいとおもう!たぶん!

 

モチベーションを上げるためにここでしっかりめに描きこんでます。
かわいくかけるとやる気出るものね!

2,ペン入れ

02

続いてペン入れをしていきます。
茶色のミリペン(コピックマルチライナー0.05)で、先ほどの下描きをなぞり、その後消しゴムをかけます。
下描きはあくまで目安にし、その時描きやすい線を描いています。

3,ベタ塗り

03

強調したい部分に黒のミリペンを入れます。
瞳をくっきり黒くするのが好きなのでしっかり塗りました。
(コピックマルチライナー0.8)

 

なんだか黒が強すぎた気もしますがきっと大丈夫!

4,髪と肌を塗っていきます

04

いよいよ色を付けていきます!
まず肌から。E51で、影にしたいところと頬の赤みを差したいところを塗ります。

この時点では違和感がありますが0番でぼかすことでふんわり自然になります。なりました。(試し試し)

05

次に髪に着手します。
淡黄色をベースに塗り、そのあと薄い橙色を塗り重ねました。
いずれもハイライト部分を残して、筆のタッチを活かしてさらさらっと塗っていきます。

06

先ほど塗った薄橙がハッキリし過ぎてるな〜と思ったのでベースに使った淡黄色でぼかしました。

そして薄い桃色で赤みを足します。

5,瞳を塗ります

07

瞳を塗っていきます!
メインのにぶめの緑色を塗ったあとに、0番でそれをぼかし、
鮮やかめな緑や薄めの緑でグラデーションを作っていきます。
もともと黒さをハッキリ出しているので印象的な目にしやすいです。

6,髪の毛に戻り更に塗りこむ

08

そしてその後バランスを見つつ髪に茶色を足しました。
顔全体のアップはこんな感じ。
インクが乾いて色の印象が優しくなってきています。特に肌はかなりふんわりしました。

7,衣装や小物を塗っていきます

09

衣装に色を入れていきます。
まずベースの水色をザカザカ。この時点ではムラやハミ出しなどはあまり気にしませんでした。
そして飾りなども塗っていきます。

10

衣装に影を入れていきます。
ふんわりふんわり。ステッキやフリルなどの白い部分の影も同じ色で塗っていきます。

 
(桜の花びらを散りばめ忘れていたのでここで加筆しました)
↑行き当たりばったり

11

ステッキの柄の部分。
赤っぽい色の濃淡を3色くらい使ってツヤと影を表現していきます。
…っと!ここで大変な失敗を!ぼかしているうちに変に滲んでしまいました…

乾いたらごまかします。

12

基本、
【ベースの色を塗る→濃い色を塗る→ベースの色でぼかす】
の手順でパーツを塗り進めていきます。

13

さきほど大変なことになってたステッキですが
0番で薄くしたり赤色系で描き加えたりしてなんとかごまかしました。
トラブルへの対処も大事ですね!(冷汗)

14

全体のバランスを見ながら更に影を濃くしていきます。

8,仕上げにホワイトをちらします

15

修正液でハイライトを飛ばします。
文字を消すのに使うボールペン型の修正ペンを使いました。が、
漫画用のホワイトなど、もっと扱いやすいものをお持ちの方はぜひそちらを!

 

9,完成です!

16

というわけで「カードキャプターさくら」の主人公、木之本桜ちゃんが出来上がりました!

お疲れ様でした〜〜!

(制作時間:約2時間)

CCさくらmini

こちらが、スキャナーでパソコンに取り込んだあと色調補正をかけたもの。

今回使った画材







※コピックのセットは例としてあげています。厳密に同じ色が入ってるわけではありません

今週はこんな記事が人気です

santnoreは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。