時間を掛けず色のメリハリで仕上げるコピックメイキング

イラスト/2015/12/09
20151209title

またコピックメイキングやります!!
また初音ミク氏でやります!!

いろんな記事を書きたいと思いながらも、
アナログのイラストメイキングがラク…いえ、好評なので!!

 

今回のイラストはこんな感じに仕上げます。

10
こちらの制作時間、約1.5時間。

 

 

これを聞いて「なげぇ」と思ってしまった方には今回のメイキングは向かないかも…

ささっと手早く、かつハッキリクッキリとした見栄えに仕上げようぜ!というコンセプトで臨みます!

 

線画の用意。

01
線画の用意。
シャーペンでざかざか描いた絵を複合機で画用紙にコピーしました。

 

他のアナログイラストメイキングをご覧の方はご存知かもしれませんが、この方法を取ることが多いです。

なぜならラク!!とにかくラク!!ズボラ秘儀でございます

 

肌の色を塗っていきます。

02
【E95】(薄い肌色っぽい)で影が落ちる部分に色を乗せます。

この時点ではあんまり緊張せずに塗ってます。

 

まだ割と明るい色だから後でごまかせる。ミスなんて怖くない。

03
さらに肌の色を重ねていきます。
【CM17】(肌色っぽい)【Y23】(黄色っぽい)【R81】(ピンクっぽい)
使う色は毎回気まぐれ。

 

より赤み寄った色で影を濃くしていきます。

 

 

服を塗っていきます。

04
服を塗っていきます。
【BV00】(薄い紫っぽい)【CM38】(薄い紫っぽい)
【E13】(茶色っぽい)【B60】(水色っぽい)

 

面白い色合い、とくに赤っぽい感じに仕上げたかったので

影に茶系を用いました。が。

やり過ぎちゃったかもしれない!!

 
…なんとかなると思います。

 

 

05
服の青い部分を塗っていきます。
【G00】などの4色くらいを使いました。
ポイントとしては…光の当たる部分と影の落ちる部分を区別します。

 

ちなみに筆使いとしてはそんなに強く押し当てずに、1色を何度か重ねて塗りつぶしている感じ。

 

05−2
服の黒い部分。
青い部分と差をつけるためにも赤系を積極的に使用しました。

ミクさんよく描く中で気づいたこと。
黒い部分の表現赤系使うとメインの青が映えて好き。
【RV29】などの5〜6色くらいを使いました。

 

そして暗い部分には思い切ってとっても暗い色を乗せてしまいます。
(とは言っても「真っ黒」でない色がオススメ)

 

 

髪の毛に着手します。

06
髪の毛に着手します。
まずうす〜く【B00】

 

 

本当は濃い色から塗ろうと思ったのですが

今回はチキンハートを発揮しました。慎重に薄い色から塗ります。

 

07 【BV00】を重ねました。

ちょっと紫っぽくなりました。

 

08
 

写真撮りそこねてだいぶ進んじゃった\(^o^)/

 

…とはいえ、薄めの色んな色を使って
艶部分を白く残しながら塗り進めました、だけです!

 

 

完成です!!!

09
背景もなんとな〜く描き込み…完成!!!

(人物をしっかり描くと背景がテケトーでも人物を映えさせてくれるヒャッホウ)

 

 

というわけで以上、葉っぱと戯れるミクさんの、

「時間を掛けず色のメリハリで仕上げるコピックメイキング」でした。お疲れ様でした。

今週はこんな記事が人気です

santnoreは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)