影から鮮やかに塗っていくコピック講座(GUMI)

イラスト/2016/01/19
title20160119

さいきんイラストメイキングの記事が多めですが構わず行きます。
今回はコピックを使ってVOCALOIDのGUMIちゃんを描いてまいります。

 

以前コピックで描いたGUMIを某pixivで公開したところ
「メイキング希望!」とのお声をいただきまして
前からやりたかったんですよね!!ね!!

 

新規イラストですが似た塗り方をしたのでこちらを解説してまいります。

↓完成品

18

 

太めのシャーペンで下描きをします。

01

最近使い始めてハマっている1.3mmのシャープペンシル(硬さはB)。
太さと硬さがちょうどいい感じで気に入ってます。

(細いシャーペンよりも消しゴムで消しやすい・鉛筆のように削る手間がない)

 

ミリペンでペン入れをします。

02

ミリペン(Too コピック マルチライナー 4本組 ブラック Aセット )で
先ほど描いた下描きをなぞってまいります。

場所によっては消しゴムをかけつつなぞったほうがインクが乗りやすいかも。
(シャー芯の粉の上にペンで描くとインクが乗りづらく、またペンが傷みやすい)

03

ペン入れが完了したところ。

まずは濃い影に赤をのせていきます。

04

今回、タイトル通り「影から鮮やかに塗っていく」のをモットーにします。
何言ってんだどういうこった!と思われるかもしれませんがとにかく影から鮮やかに塗っていきます!!

この時、その色を乗せたい箇所を同時進行で進めています。
肌だけでなく服にも赤を乗せました。

淡めの赤系の色を足していく

05

ピンクっぽい色を二種足しました。
(と、一応いいましたが濃い方はあんまりいらないなと感じ前髪の生え際でとどめました)

 

06

薄い橙色みたいな色を足しました。

常にパーツは同時進行。

服にも同じ色を入れています。

さらに黄色系の色も足していきます

07

山吹色っぽい色

08

鮮やかな黄色

髪の毛をグラデーションに仕上げる予定なので
先っちょの方に黄色入れました。

 

時には薄い青も使い、段々と全体を整えていく

10

パステルカラーっぽい薄めの色で
ちょこちょこ影を足したりして整えていきます。

重ね塗りで色を混ぜられるのがコピックのいいところ!

 

薄い色だと多少の失敗は失敗のうちに入らないので
ドンドン重ねて深みを出していきます。

そして髪の毛 薄い緑〜青系

11

髪の毛をどう塗るか悩みつつとりあえず薄い緑色を塗ってみた…

12

深めの緑にしたい部分を先に水色で塗りまして

13

その上に緑を塗ってからまた青系で整えていきます。

やっとこさ目イキング

15

楽しみにしてた目の塗り!
目に色が入るととたんに絵がイキイキする(気がしてる)ので

 

ワクワクしながら塗っていきます。

16

撮影の仕方下手すぎてキャップの色が写っていませんが、

まさに緑!って感じの緑と、若干緑みがかった黄色を入れました。

 

濃〜〜い青色でパキッとさせる

17

ここで黒…を入れるか悩んだのですが

強すぎず鮮やかに仕上げたい!ので、濃い青色を選択。紺色みたいな色。
一番影になるところと黒いパーツ(ゴーグルなど)を塗りました。

つぎにいよいよ仕上げ!

小物に色を入れて、ところどころを整えたら完成。

18

ボタン、ベルト、チョーカーなどに着彩し、
そのた気になるところに入れたい色を重ねて…完成です!

あとがき

完成品をスキャンしましてフォトショで背景をつけたのがこちら。

コピックGUMI2016

 

今回「影から鮮やかに塗っていく」をモットーにします!と言って塗っていたわけですが、
この塗り方の楽しさはスリリングゆえ。だと思っております。



特にコピックは色の引き算ができません故…
いきなり濃い色を乗せるのには勇気がいります、というか
ある意味無鉄砲さもいります/(^o^)\

 

安全に塗りたいひとにはオススメできないけど、
変わった塗り方を楽しんでみたいなら是非!

今回使った道具

コピック各種(正確にはこのセットではないかも…)






紙はまさかの印刷用紙ですがコピックが滲みづらく気に入っています。
(シャーペンも本来はマークシート用らしい…)

今週はこんな記事が人気です

santnoreは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)