手元にある4種の24色色鉛筆を比較してみた

イラスト/2016/02/28
title0228

今回はちょっと違う視点から書きます。私の手持ちの24色色鉛筆の塗り心地を比較してみようと思います。
24色で1000円〜4000円くらいの安価な色鉛筆4種になります。

うち2種は水で溶かせる水彩色鉛筆ですが、今回水は使いません。

 

※こちらの記事の内容はあくまで個人的な感想です。
「私にとってはこうだよ!」「こんな使い心地だったよ!」と
感じたままに綴ります。

専門的なお話はわかってません\(^o^)/

 

色鉛筆に関する記事が行程を一通り追っていくメイキングになりがちだったので新鮮な気分です。

同じキャラクターを画用紙にコピーし、似たような色みになるよう塗ってみました。

コミックイラスト(萌え絵)の女の子をベースに比べていますが、
描き味やタッチのお話をしていくので、モノや動物、風景を描く方にも参考になればなと思います。

 

(流石に塗っててマンネリしてくるので服の柄だけ変えました)
hikaku0

今回使った色鉛筆は下記のものになります。
hikaku

 

三菱鉛筆 色鉛筆 880級(=油性)

mitsubishi_yusei

個人的に使い慣れている三菱の色鉛筆。
(色鉛筆でコミックイラストを描き始めた頃からサクラか三菱を使っていた)

使い慣れてるがゆえに比較が難しかったりもします\(^o^)/

 

塗るのも描くのもとてもラクです。
筆圧もそれほど気を使わず、程よい柔らかさで混色もなかなかしやすい。

後述のファーバーカステルやステッドラーに比べるとすこし粗め、というか、紙の質感が出る仕上がりになりました。

 

ざっくり塗るとざっくり、よく塗り込めば完成度高く仕上げられると思います。

 
こんな時に使おうと思いました
少ない色数で混色によって仕上げる場合や、手軽に塗りたい時。
また、時間をかけて塗ってクオリティを上げたいとき。


 

三菱鉛筆 ユニ ウォーターカラー(=水彩色鉛筆)

uni

今回、初めて使ったユニウォーターカラー。こちらも三菱色鉛筆から出ています。

不慣れなために扱いに戸惑ってしまいました。
とても芯が柔らかく、当たり前ですがまさに水彩色鉛筆!

紙の凹凸がよく出るのでそれを活かしたい場合にもいいかも。

 
こんな時に使おうと思いました
純粋に水に溶かして水彩色鉛筆として扱いたいとき。
水を使わない場合には、広い面積を紙の質感を活かして塗りたいとき。

 

ファーバーカステル(水彩色鉛筆)

fabercastel

こちら、すっかり好きになったファーバーカステル。
水彩色鉛筆ですが、その柔らかさを活かしつつ敢えて水に溶かさず筆跡のままに仕上げることにハマっています。

 

発色がとてもきれい!今回の比較の中で最も筆圧調整がしやすかったと思います。
そして色の上に色を乗せやすい。(重ね塗り)

 

上のユニほどではないですが、塗った面をこすると色が広がりやすいです。
白く残したい部分を汚してしまわないよう注意は必要ですが、
広い面積をティッシュなどでこすって敢えてぼかす表現にも向いてると思います。

 
こんな時に使おうと思いました
はっきり鮮やかに色を出したいとき。時間を描けて塗りこみたいとき。
重ね塗りを積極的にしたいとき。


 

 

ステッドラー 色鉛筆 ノリスクラブ(=油性)

staedtler

買ったばかりのとき、硬すぎて使えない!と諦めかけたステッドラー。

 

狙った濃淡を出そうとしても筆圧調整が少々難しいですが、細かいムラができにくく塗った面がなめらかな仕上がりにしやすいです。
時間を描けて塗りこまなくても粗い見た目になりにくく、使い慣れればいろいろ表現の幅が広がりました。

芯が硬い印象な割にはこすってぼかし表現を加えやすいです。

重ね塗りによる混色は、どんどん筆圧を強くしていけばけっこう乗ります。

 
こんな時に使おうと思いました
繊細な雰囲気を出したいとき。気合を入れて塗りたいとき。
なめらかな面や、細かい表現をしたいとき。


 

まとめ

いろいろ勝手に語りましたが、どれも慣れによるのかな〜とおもいます!あとは好みとか。
いくつかのメーカーを持ちあわせて、一枚の絵の中で使い分けてもいいと思います!

 

色鉛筆は、買ったことがないとなかなか踏み出せないかもしれませんが、
コピックや絵の具やその他の画材に比べとても安価で手に入ります。

使う道具も揃えるものが少ないのですぐに始められるはず!

(下描きはシャーペンでいいし、紙もまずはコピー用紙だって描ける!)

 

ぜひいろんなものを試してみようぜ!!!

今回ご紹介した色鉛筆と、その他あると便利な画材




今週はこんな記事が人気です

santnoreは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。