コピックでの黒髪ロングの塗り方を考えてみる(WORKING!!より山田葵)

イラスト/2015/07/15
20150715title

去年の秋に使い始めたコピックという画材にもだんだんと慣れてきました。

しかし私は気づいた…今まで避けて通ってきた道があることを。そう、黒髪をそれで塗ることだ。

アニメ三期絶好調のWORKING!!より黒髪ロングの彼女を連れてきました。

タイトルいきなり長い。というわけで、アニメWORKING!!の山田葵ちゃんで黒髪の着彩に挑んでみます。

01

例にもよって線画はシャーペン(のコピー)
画像検索で山田っぽいポーズを研究、結果ピースをつきだしてもらいました。
まずは肌を塗っていきます。

濃い影の部分から塗っていく大胆手法は、時間短縮とストレス発散になります。(当社比)

 

淡い色なら塗り慣れてきたんだよね


03

肌も、ワグナリアのエプロンも、淡い色なので結構気を抜いて塗れます。
立体感を意識しつつ、数色使ってある程度深みのある色使いを目指します。

 

今回はあまり色相をいじらずまじめにシンプルに
アニメ配色っぽく塗ってます。

あと、目。早めに塗るとモチベ爆上がるねぇ!

 

いよいよ髪の毛だよ!!空気遠近的な何かをまずイメージするよ!!

04

毛先に【B60】を優しく載せてみます。

 

「黒髪」といえど、単調にせず、
グラデーションをふんだんに使ってやろうという魂胆です。ビクビクしてます。

黒っぽい色乗せてみた。

05

【W5】をとりあえず使ってみる。うーん、

黄みがかったグレーって感じなので、このまま影付けをすると
コンプレックスを起こす感じになるだろうな。

鮮やかな色乗せてみるか…!

06

コピックは重ね塗りができるし、思い切っていま鮮やかな色を載せて
最終的にきれいな仕上がり画面を目指してみよう!!!

【V64 】を頭頂部から下ろしていく形で乗せてみます。

 

 

07

そして【BV64】、つまり青紫、にあたるのかな?

ものに影を自然につけるには青紫に寄せていくと自然に仕上がる…ので、
無彩色な「黒髪」に対してはちょくに青紫をバーンと塗ってみます。

(色鉛筆の場合は普段からどんな箇所にも似たようなことしてるかもしれない)

 

ツヤ部分のたくさんの短い濃い線はうーん、なくてもよかったかもな。
若干主張和らげていこうコレ。

 

あとは無彩色で締めてってみよう

08

過程を微妙にすっ飛ばしましたが無彩色、グレー系でグラデーションを施しました。

メリハリ大事に、【110】みたいなめっさ濃い黒も使って行ってます。

奥の髪は空気遠近的な何かをイメージして消え入るように水色になっていくよう塗り残しています。

髪が塗り終わった!!と思います!!

 

他の箇所も塗り進めていけば

09 10

スカートも髪の毛同様だいぶ重ね塗りしました。

今回慎重派になった結果でしたが、この厚塗り感、嫌いじゃない。うん好き!

ただもっとあっさり黒い部分を着色できるよう修業が必要かもしれぬ…

 

完成しました!!やまやま!!

山田

というわけで完成しました。山田です。研修バッジがポイントです。


今週はこんな記事が人気です

santnoreは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)